スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホントはもっと欲しかった。

2012年11月07日 00:00

本棚を買った。



たくさん。

bookshelf.jpg
運送業者のおばさんおねーさん、ごめんなさい。

蔵書量。

2012年11月01日 00:09

あまりの本の量に引越業者があらゆる意味でドン引きしていた。


6jpibooks.jpg
↑全部本です。


* 昔引越したときは、必死の形相で応援人員呼んでた。

しばらく自宅を空けていて

2012年09月21日 12:20

久方振りに帰ってきたら(1ト月位)、空間を埋め尽くしている書籍の量に正直自分で吃驚した。*1
本棚から溢れて、床に積み上がっており、一部は封も切っていない。
たぶん普通の人はドン引きする。私はどんどん引き籠もる。



*1 世の蔵書家に比べたら微々たるものだろうけれど、なにぶん部屋が狭いもので。低家賃。

新春セール(血みどろの闘い)

2011年01月11日 03:06

mayokomo_newyear_20110110.jpg
ブック●フというところは、種類と綺麗さで値段を付ける(らしい)ので、古書市場における「本の価値」と釣り合っていないことが多い訳です(安すぎる場合が大半ですが、逆に「この高値はないだろう…」ということもあります)。ですので掘り出し物が沢山あります。

貧乏学生にはありがたいことです。
またその安値を利用してブッコフで仕入れて売る人も居ます。
携帯で情報を入れつつ、脈絡なく本をカゴに放り投げてゆくのが特徴です。
純粋に中身が入り用な学生にとっては、正直、敵な訳です。

無論、生活がかかってる人とかも居るでしょうが。
(だからまだ「敵」として認識してます。完全な趣味の場である筈のコ●ケにおける転売目的の人には正直……やれやれ)
本当は、自分の知識だけで本を抜いてゆく人が居たらむしろプロ意識を感じるのですが、そんな人はついぞ見かけたことがないのが残念。大抵は携帯頼み。

ともあれ、「単行本全品500円均一セール」とかあった日には……戦場なのです。

すごいよ……背取りの人が沢山居るから……


mayokomo_newyear_20110110_2.jpg
あとスーパーの惣菜コーナーにて、半額シールが貼られる前に手に取った商品は、そのときの価格で買うべきだと思うんだけど、どうよ?
俺の夕飯……

業務連絡(「まよこもりん」閉鎖というか消失に就きて)

2010年12月01日 02:27

超大昔にHTMLの練習用に領域取って、始めた当初は(練習のために)毎日毎日私小説(註: 日記ともいう)なんかしちゃったりした若気の至り領域「まよこもりん」というサイトがあったのですが。ぼーっとしてたら時代の流れでinforseekのサービスが終了していまして。

でまぁ、実はこんなところにひっそりとblogなんかもあったんです。が、こっちも放ったらかしてて。
今やまともに稼働しているのはTwitterとか蔵書目録の類という有様。
……別のところでwebサイト構築してるけどね。仕事で。

ともあれ、ネット上にも僅かながら人との繋がりがある訳で。
今後どーするか分かりませんが、一応、告知とかお世話になっている方々のリンクとか、そういうものをとりあえずここに格納しておこうかと。

ぶっちゃけ、いま超アレな状況に居りますれば、ネットがどうとか言ってる場合ではないのですが、この先余裕が出来たらよろしくお願い致しまう、ということで、ひとつ。


では。

念仏の鉄
大昔に絵板で落描いた、念仏の鉄っあん@「新・必殺仕置人」(by山崎努)
――殺風景なんで入れてみたら……よけい殺風景に(笑)

骨はずし
殺風景ならいっそ、と、骨外し。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。